大寒の卵

明日1月20日は「大寒」です。

大寒とは、「だいかん」と読み、二十四節気(にじゅうしせっき)の第24節目です。

現在主流の定気法では、太陽黄経が300度のときで「1月20日ごろ」が大寒です。

また、期間としての意味もあり、その場合は1月20日ごろから、次の節気の立春(2月4日ごろ)の前日までを指します。

大寒の日に産まれた卵のことを「大寒の卵」といって、昔から金運や健康運を呼び込むとされています。

当道の駅でも

11:00より 大寒の卵を販売致します。是非ご購入下さい。

数量に限りがございます。無くなり次第終了となります。予めご承知下さい。

 

上部へ戻る